記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】再現性を高める為の練習・後編 本番をイメージした練習を繰り返してコースの妥協点探る (2/2ページ)

 練習マットの上で単に同じ番手で、同じような素振りでボールを打つ動作を繰り返していても、それは必ずしも再現性が高まっていかず、実践に則していない練習といえます。

 ラウンドの攻略に成功するとは、自分の力量とコースとの妥協点を探ることでもあります。実戦に近い状態のイメージを持ち、それに即した作戦を練る練習が必要です。18ホールをどの様に攻略していくかを考えた上で再現性を求めなければ、本当の意味で再現性を高める練習とはいえないでしょう。(モデル・野田スミレプロ 撮影協力:ZEN GOLF RANGE 葛西店)

 ■山本幸路(やまもと・こうじ) 1974年北海道生まれ。2000年にツアーデビューし、07年に関西オープンで優勝。レッスンプロとして東京都・恵比寿の「GOLF PLUS」に在籍。CS番組「ゴルフ革命」(日テレG+)に出演しているほか、雑誌でも活躍中。

 ※関連動画や美女プロゴルファーのオフショットなども配信中! 詳しくはコチラ⇒ 夕刊フジ ゴルフ公式インスタグラム

関連ニュース