記事詳細

ダルビッシュ、月間MVP初受賞! 日本人4人目 7試合先発で6勝1敗、防御率1・47

 米大リーグ機構は2日(日本時間3日)、8月(7月を含む)の月間最優秀選手(MVP)を発表し、ナ・リーグの投手部門でカブスのダルビッシュ有投手(34)が初受賞した。7試合に先発して6勝1敗、防御率1・47で52三振を奪った。日本投手の受賞は2014年5月のヤンキースの田中将大以来、4人目で6度目。

 シーズンが進むにつれて調子を上げ、切れのいい速球と多彩な変化球で勝利を積み重ねた。8月29日(同30日)には、敵地でのレッズ戦に先発登板。サイ・ヤング賞(最優秀投手賞)レースで競っている右腕トレバー・バウアーと直接対決し、6回を被安打7、無失点。8奪三振で今季6勝目を挙げた。

 米経済誌「フォーブス」は「サイ・ヤング賞レースでは、今季は別の地区のチームとは対戦しない形式なので、ダルビッシュに圧倒的に有利。ライバルの一人、マックス・フリード(ブレーブス)が強豪のひしめく東地区に所属しているのに比べ、ナ・リーグ中地区はメジャーでも最も弱い地区で強豪チームと対戦しない。この日程での成績が賞にふさわしいかに議論は残るが、ダルビッシュが一番手であることは間違いない」とした。

関連ニュース