記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】レベル別コースマネジメントの基本 「ティーショット」大振り厳禁、OBや池ポチャ要注意 (1/2ページ)

 スコアというのは不思議なもので、ボールを打つうまさが直結するというわけではありません。条件やライなどの影響が意外にも大きく、先読み能力が大事で、特にメンタルの影響はスコアを一変させてしまうことがあります。そのため、ボールを打つ技術以外のテーマも勉強しなければスコアは出ないものだと思ってください。

 100を切ったことがない人は、100切りに過剰な意識を持ち、100切りを目前にしたとたん、やるべきことを見失ってしまい、そこまで順調だったゲームを自ら壊してしまうということが多々あります。

 自信と過信は大きく違います。過信は恐怖心よりもタチが悪く、致命的なミスを犯してしまいがちです。100を切れていないならば、求められるのは謙虚さです。ナイスショットを打つことよりもミスショットを利用したり、自分のエゴを抑制し、腹八分目の内容と結果を求めましょう。

 ティーショットでは、ドライバーにはこだわらず、大振りは厳禁。OBや池などペナルティーエリアにだけは行かないようにしましょう。

 セカンドショットは、100ヤード以内の距離まで運べれば合格なので、決して当たらないクラブを持ったり、無理して狭い林から前方へ狙ったりせずに、一番ミスが起きないと考えられる攻め方を常に選択してください。

 アプローチショットでは、どんなに近くでもバンカー越えでピンを真っすぐ狙うなんてことは考えず、ピン位置は関係なく、花道とグリーンセンター狙いで乗せることを最優先させてください。

関連ニュース