記事詳細

【まだ飛ばし足りねぇ!!】豊田の飛ばし第1条 SWでスイングづくり (1/2ページ)

 ドラコンを本格的に始めた当初、実はそれほど飛ばせませんでした。パワーがありながら、それをうまく発揮できずにいたのです。

 原因はダウンスイング早々にタメを解いてしまい、しかもフェースが開いたまま打っていたからです。ボールが吹き上がるだけ。ロフト60度のサンドウェッジで70ヤード飛ばすのが精いっぱいでした。

 アーリーリリースと、オープンフェースのインパクトを矯正するためにサンドウェッジでのフルショット練習を繰り返しました。シャフトが短いから腕振り主体でアップライトのスイングができます。

 アドレス時の右手首の「くの字型」をキープしたまま、グリップエンドをボールへ突きさすように振り下ろす。クラブヘッドよりもグリップが先行するハンドファーストで打つ。ビハインド・ザ・ボールのフォームでクラブを振り抜く。この3つを実践するようにしたのです。

 そのお陰でフェース向きや球の捉まえ方、ヘッドの入射角も意識できるようになり、スイングが激変。ロフト60度のサンドウェッジで130ヤード飛ばせるようになり、ドライバーでも適正スピン量で強いボールが打てるようになりました。飛ばしのスイングをつくるために、サンドウェッジでのフルショット練習から始めてみてはいかがでしょうか。

関連ニュース