記事詳細

エンゼルス・大谷翔平、7号同点2ラン! ポストシーズン進出に“首の皮一枚”つながった

 エンゼルスの大谷翔平(26)は23日(日本時間24日)、敵地のパドレス戦に「5番・指名打者」で出場。2点を追う2回無死一塁で7号同点2ランを放った。ポストシーズン進出に首の皮一枚つながる貴重な一発となった。4打数1安打、2打点で打率は・194。チームは5-2で勝った。

 相手先発右腕クレビンジャーが1回を投げたところで故障のため降板。2回に急きょマウンドに上がった2番手左腕モレホンをとらえた。

 無死一塁。カウント2ボールからの3球目。真ん中高めの96マイル(154キロ)を叩くと右中間フェンスを越えた。左投手からは今季初アーチ。飛距離は415フィート(約126メートル)だった。続くアプトンが左中間に8号ソロ、ベンブームも右越え3号ソロを放った。

 大谷の一発は4試合ぶり。その後は右飛、空振り三振、二ゴロ。前日は先発落ちしていたが、この日は第1打席で結果を出した。

 エンゼルスは26勝31敗でポストシーズンのシード争いで1敗もできない瀬戸際に追い込まれている。9位とワイルドカードでの進出にかすかな望みを残している。

関連ニュース