記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】北村晃一 スイングは右肩と右胸でラインを出す (1/2ページ)

 ショットのときに気をつけているのは、アプローチからドライバーまで、クラブの長さが変わっても同じようなイメージでスイングするということです。人によっては、「それは理想だけど、現実的に難しい」と思われるでしょうし、実際に僕自身がその通りにスイングしているかどうかという問題もありますが、あくまでもイメージは同じスイングです。

 それを実現するために意識しているのが、できるだけ手を使わないで足(フットワーク)を使って打つことです。

 具体的には、テークバックからトップまでは普通にスイングしますが、切り返しのあと、手元が右肩のあたりまで下りてきたら(写真〔1〕)、そこで手の動きとしてのインパクトは終了。そこからは、右肩と右胸(右腕の付け根あたり)でボールを打つようなイメージで、右肩と右胸をターゲット方向に向けていきます(〔2〕~〔5〕)。

 よく言われる「ライン出し」も僕の場合は手で出していくのではなく、右肩と右胸でラインを出すイメージ。手も自分でビュンと振るのではなく、どちらかというと体の動きによって勝手に振られるという感じです。

 他のゴルファーには、「手を使わないと速く振ることができないのでは?」と言われることがありますし、僕自身もヘッドスピードを上げるためには手を動かしたほうがいいと思います。

関連ニュース