記事詳細

球界初のクラスター…阪神球団内からも“厳罰処分”の声 福留筆頭に8人で集団会食 (1/2ページ)

 阪神は25日、糸原健斗(27)、陽川尚将(29)両内野手、岩貞祐太(29)、浜地真澄(22)、馬場皐輔(25)3投手と1軍チームスタッフ2人を合わせた計7人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定されたと発表した。このうち岩貞、糸原、陽川とスタッフ1人の4人は19日にチームの規律を破り、名古屋市内で多人数の会食に参加。球界初の“クラスター感染”を引き起こした。シーズンが佳境を迎える中、自ら足を引っ張る大失態を犯した格好だ。 (山戸英州)

 24日に浜地の罹患(りかん)が判明したことで、球団は慌ててその日のうちに1、2軍の全選手、首脳陣、スタッフらにPCR検査を実施した結果、25日午後になりチーム内の感染拡大が認められた。6月の開幕以降、広島と名古屋遠征時の球団が指定した日に限って「4人まで、2時間程度、個室」の制限を設けて外食を許可していたが、結局はこれがアダとなった。

 特に問題視されるのは7選手、スタッフ1人の計8人で行ったとされる19日の集団会食だ。店は貸し切りにしていたものの、そこから4人が感染した。感染しなかった4人は保健所の基準はクリアしたが、球団は濃厚接触者同様に扱うことを決めた。この中には、3月下旬に藤浪ら3選手が球界で初めて感染した後「申し訳ない」と謝罪した球界最年長の福留孝介外野手(43)の名前も含まれていたのだから開いた口が塞がらない。

関連ニュース