記事詳細

サッカー日本代表、久保建英頼みの欧州遠征 3戦「先発起用なし」で視聴率不発の不安 (1/2ページ)

 サッカー日本代表の今季初の公式戦となるオランダ遠征(10月9日・カメルーン戦、同13日・コートジボワール戦)のメンバーが、10月1日に発表される。欧州では新型コロナウイルスの感染者が再び急増中。綱渡りの遠征となる。

 日本代表の森保一監督(52)にとっては、それ以上に気になることがある。今回の遠征の目玉であるFW久保建英(19)のビリャレアルでの起用法だ。

 スペイン国内でも大いに期待されて開幕を迎えたはずが、3戦連続ベンチスタート。29日の会見で、森保監督は「(久保の起用法は)気になります。バルセロナ戦(日本時間28日)でも(短い時間で)インパクトは与えているが」と、先発で起用してほしいという思いがにじみでていた。

 欧州圏内での新型コロナウイルスの感染状況については「われわれの調べでは、ロシアとセルビアからオランダに入国できないと聞いています」と説明。これにより、ロシア1部ロストフのMF橋本挙人(25)と、セルビア1部パルチザンのFW浅野拓磨(25)は招集が見送られる。スペインはオランダへの入国もOKを出しており、久保の招集は問題ない。

 今回のオランダ遠征では、テレビ放送もできるかどうかの瀬戸際だった。代表戦の放送権料は1試合1億円を超えるとあって、収入減が深刻な日本サッカー協会は必死に売り込みをかけていた。

関連ニュース