記事詳細

阪神が狙う中日・大野雄、FA権行使これだけの理由 地元京都への強い思い、注目される環境を熱望

 中日のエース左腕、大野雄大投手(32)の獲得調査を進める阪神。今オフのFA権行使が濃厚とみられる根拠とは?

 大野雄は9月30日の阪神戦(甲子園)で先発。9回を2安打に抑え7勝目(5敗)を挙げた。今季完投は8度目、完封は4度目。「どんどんストライクゾーンで勝負できているので最後まで投げ切れている」と話した。

 7月31日に国内FA権を取得。本人は「先のことは考えていない」と明言を避けるが、今オフの権利行使に備えて複数球団が熱視線を送る。球界関係者は「2年前に名古屋で自宅を建てたが、(中日を)出る公算は大きい」との見立てだ。

 その大きな根拠が郷土愛。京都外大西高、佛教大とプロ入りまで過ごした地元京都への思いは人一倍強い。妻も同郷で大学の同窓生だ。沖縄に移住した高校の後輩が、中日のキャンプ地・北谷で飲食店を開くと足繁く通い、母校には節目ごとに大量の差し入れ。生活の拠点を名古屋にして久しいが、地元とのつながりを大切にしている。

 さらに近年は、注目される環境に身を置きたいという思いが、本人の中で強まっているという。同じ1988年生まれの米大リーグ・ツインズで活躍する前田健太、巨人・坂本勇人とは親交が深く、互いに刺激し合う仲。特に前田とは渡米後も密に連絡を取り合っている。全国区のスポットライトを浴びながらプレーする同級生たちの姿に感化され、「自分も同じ舞台に」という気持ちが膨らんでいるようだ。

 親族の影響で、小さいころから大の阪神ファンだったことは有名な話。5年ぶりに甲子園で勝利を挙げたこの日も、「もともと嫌いなマウンドじゃない。嫌なイメージはない」と言い切った。阪神がこの追い風に乗らない手はない。(山戸英州)

関連ニュース