記事詳細

【水沼貴史 オヤジのためのサッカー塾】サッカー日本代表25人発表 DF冨安健洋は主将になれる器 (2/2ページ)

 冨安もいずれ日本代表の主将になれる器です。CBとして命綱のヘディングに磨きがかかり、スピードも申し分ない。これからのCBは、相手攻撃陣に走り負けないことが重要な時代ですから。

 また、声の指示もCBも重要な仕事です。最後尾から味方の動きが見えますから。そういえば、いいCBはみんな声がデカイし、滑舌もいいなぁ(笑)。でも、ただ怒鳴るだけではダメ。自分のプレーの質も信頼されないと話にならない。そのへんは露骨に出ます。信頼のないCBの言うことなど、誰も聞きません。

 新型コロナウイルス対策で、この2試合は無観客試合です。冨安の声でチームが躍動する場面が増えれば、森保ジャパンも一歩前進です。 (元J1横浜監督・水沼貴史)

関連ニュース