記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】レベル別コースマネジメントの基本75-70 自分の得意、不得意も完全に把握 (2/2ページ)

 自分の得意、不得意も完全に把握しているので、得意でない場面では、ティーショットはドライバーにこだわらないクラブ選択をし、グリーンはセンターを狙います。ティーショットから対角線のベターポジションを意識し、グリーンの左ピンはセンターからドロー、右ピンへはフェードを打ち分けます。中途半端なスイングを強いられるバンカーには絶対に入れないマネジメントもして、バーディーチャンスを作っていきます。

 逆に得意だと思ったときには、番手や距離、条件ではアグレッシブに攻めていくこともできます。ほぼプライベートでも妥協なく、高い集中力でプレーし続ける人たちの水準といえるでしょう。

 (モデル・野田スミレプロ 撮影協力:ZEN GOLF RANGE 葛西店)

 ■山本幸路(やまもと・こうじ) 1974年北海道生まれ。2000年にツアーデビューし、07年に関西オープンで優勝。レッスンプロとして東京都・恵比寿の「GOLF PLUS」に在籍。CS番組「ゴルフ革命」(日テレG+)に出演しているほか、雑誌でも活躍中。

 ※関連動画や美女プロゴルファーのオフショットなども配信中! 詳しくはコチラ⇒ 夕刊フジ ゴルフ公式インスタグラム

関連ニュース