記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】レベル別コースマネジメントの基本70以下 トラブルの回避、脱出に長けている (2/2ページ)

 このレベルの人たちのもうひとつの特長として、トラブルの時、一番簡単な方法でかつ、短時間で脱出していくことが挙げられます。トラブルを処理するのに時間を掛けてしまうと、次のショットのプレー時間が減ってしまうということを理解しており、トラブルから脱出するよりもその後のショットの方が圧倒的に重要度が高いということをわかっているのです。

 このため、グリーン奥からの寄りそうもないアプローチや、物理的に止まらない下りのパットを打つときは、割り切って簡単に打ってきます。一方で、決めなければならないパットやショットには慎重に時間を使って、ボギーを簡単に打ちません。仮にボギーを打ってもすぐにバウンスバックしてきます。

 このように集中力と時間のマネジメントもできるのが、このレベルといえます。

 ティーショットは冒険せず、セカンド以降、アグレッシブにピンを狙い続けます。パッティングも、高い技術の裏付けである「薄く読んで強く打つ」を実践し、常に絶対的な自信から攻めのゴルフを展開します。(モデル・野田スミレプロ)

 ■山本幸路(やまもと・こうじ) 1974年北海道生まれ。2000年にツアーデビューし、07年に関西オープンで優勝。レッスンプロとして東京都・恵比寿の「GOLF PLUS」に在籍。CS番組「ゴルフ革命」(日テレG+)に出演しているほか、雑誌でも活躍中。

 ※関連動画や美女プロゴルファーのオフショットなども配信中! 詳しくはコチラ⇒ 夕刊フジ ゴルフ公式インスタグラム

関連ニュース