記事詳細

【西本忠成 トラとら虎】36年前…飛んだのはボールよりヤジと怒号、汚点残したホームランレース トップ岡本と1本差!!大山に期待 (1/2ページ)

 セ・リーグのホームランレースは残り30試合を切り、混沌の様相を呈してきた。8日現在、巨人・岡本が25本でトップ。1本差で阪神・大山。少し離れて巨人・丸が21本、広島・鈴木誠、ヤクルト・村上が20本、阪神・サンズ、DeNA・ソトが19本で追走している。

 阪神の首脳陣は「不気味なのは2人の外国人。調子に乗ると一気に量産のパワーを秘めるが、大山にぜひともタイトルを取ってほしいのが本音。久々の生え抜き4番打者として箔(はく)がつく」と期待する。

 そういえば阪神からは1986年のバース以降ホームラン王は出ていない。日本人選手となると84年の掛布が最後になる。36年も前のことだが、鮮明に覚えているのは球界に汚点を残すホームランレースだったからである。最終的には掛布と中日・宇野がともに37本でタイトルを獲得したが、その過程は決して誇れるものではなかった。

 簡単に経緯を書く。阪神、中日とも残り2試合。両者は37本で並んでいた。運命のいたずらは、その2試合が直接対決になったところにある。既に順位も中日2位、阪神4位と決まり、消化試合に転じたことも汚点に輪をかけた。阪神・安藤監督は宇野、中日・山内監督は掛布に対し、それぞれ全打席敬遠を命じたのだ。

関連ニュース