記事詳細

巨人の8年ぶり日本一奪回を占う「胴上げ地上波中継」 23日からの阪神3連戦で決められるか (1/2ページ)

 胴上げの地上波テレビ中継がなければ、日本一奪回もない!? 巨人は16日のDeNA戦(横浜)に1-2で敗れ、優勝マジックは「8」で足踏みとなった。

 8回に1点先制も、その裏に2点を奪われ逆転負け。原辰徳監督は「1点で勝とうというのは、非常に難しいことでね。やっぱり、もう1点、2点。うちもよく2点で抑えたなという感じはあるけどね」と振り返った。

 これで最短Vは21日のヤクルト戦(神宮)となったが、マジック対象チームが阪神から2位に浮上し今季初の6連勝と好調の中日に変わったため、一気に減る可能性は低そうだ。23日から東京ドームで行われる阪神3連戦までもつれ込むのは確実な情勢となっている。

 巨人は何としても本拠地で決めたいところ。特に23日は日本テレビ系のゴールデンタイム全国ネットで、地上波中継があるからだ。他局の関係者は「日テレも巨人も、そこで決めたいでしょう。やはり地上波とBSでは全然違いますから」と注目する。

 デーゲームの24、25日も地上波中継はあるが関東ローカル。試合が長引けば25日は「笑点」の番組内で、画面の端で胴上げの場面だけひっそりと流れるという、2007年の再現になりかねない。

関連ニュース