記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】北村晃一 “パチン”と打てば転がりが良くなる (1/2ページ)

 皆さんはパッティングをするとき、何に一番重点を置いてストロークをしていますか?

 人によってそのポイントは違うと思いますが、僕の場合は“ボールの転がり”を一番大事にして打っています。なぜなら、ボールの転がりが悪いと、せっかくラインに乗っていてもカップに届いてくれないことがあるからです。また、転がりが弱いと傾斜や芝目の影響を受け、イメージしたラインからはずれてしまうこともあります。

 転がりを良くするために意識しているのは、ボールの回転です。たとえソフトなタッチでも、正しい順回転で転がせば、ボールはグイッと伸びてくれます。

 順回転で転がすときに最も気をつけたいのは、手ではなくヘッドを前(飛球線方向)に出すことです。

 きちんと転がそうとすると、ついついヘッドよりも手元が前に出てしまうものですが、一生懸命手を前に出してもボールの回転は良くなりません。逆に、手よりもヘッドを前に出していけば、ボールに順回転が掛かりやすくなり、転がりが良くなるものなのです。問題はどうやって手が前に出て行かないようにするかです。僕の場合は、パチンとボールを打つイメージでそれを実現しています(写真〔1〕~〔3〕)。

関連ニュース