記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】コースマネジメントの基本ティーショット編パート2 セカンドショットで打ちやすい場所へ運ぶことが重要 (2/2ページ)

 より飛距離が出ることは、ゴルフの醍醐味(だいごみ)ではありますが、そこにはスコアメークとは逆の魔物が潜んでいます。スコアを落とす原因も多く存在しているということも忘れないでください。

 また、冷静に考えればわかることなのですが、OBよりも池の方がペナルティーは少ないのに、池を避けてOBを打つ方も多くいます。レイアウト上、どこへミスをしたらペナルティーが厳しいのかをしっかりと頭に入れておいてください。

 ティーショットの意味は距離を稼ぐことではなく、セカンドショットで確実にグリーンを狙える位置や打ちやすい場所へ運ぶことです。これを肝に銘じておいてください。それがティーショットの役割でありマネジメントです。(モデル・野田スミレプロ 撮影協力:ZEN GOLF RANGE 葛西店)

 ■山本幸路(やまもと・こうじ) 1974年北海道生まれ。2000年にツアーデビューし、07年に関西オープンで優勝。レッスンプロとして東京都・恵比寿の「GOLF PLUS」に在籍。CS番組「ゴルフ革命」(日テレG+)に出演しているほか、雑誌でも活躍中。

 ※関連動画や美女プロゴルファーのオフショットなども配信中! 詳しくはコチラ⇒ 夕刊フジ ゴルフ公式インスタグラム

関連ニュース