記事詳細

【最先端アマチュアスイング】失敗しないバンカーショット 砂の上でも下半身を使える「タバコの火消しトレ」 (1/2ページ)

 バンカーショットは、ボールが砂の上にあるから難しい。多くの人はそう思っているようですが、実はこれは大きな勘違い。というのも、バンカーショットの本当の難しさは、自分が砂の上にいるため自由に下半身が使えないことにあるからです。手打ちになって失敗してしまう人が多いのも、下半身が使えないことに原因があるのです。

 この問題を解決するためには、砂の上でも下半身を使えるようにしなければいけません。具体的には、芝の上からショットをするときと同じように、テークバックで右を向き、インパクト~フィニッシュでは左を向くことができなければいけません。

 そしてそのためには、下半身を動かすトレーニングが必要になってきます。

 私がお勧めしているのは、「タバコの火消しトレーニング」。昔、タバコのポイ捨てがまかり通っていた時代、タバコを吸う人の多くが地面に捨てたタバコを足のツマ先で消していたのを覚えている人もいると思います。写真〔1〕〔2〕のようにあれと同じような動作をすればいいのです。

 たとえば右足でやる場合は、右手でクラブを杖のように地面に付け、左手は腰にあてがって右足ツマ先を地面に付けて足をグリグリ回転させます。

関連ニュース