記事詳細

【金谷多一郎 アマチュアの?を解決】日々のストレッチは練習よりも効果大 無理せず動ける範囲で自分なりのスイングを (1/2ページ)

 「こんなスイングがしたい」と思っても、身体が硬くてイメージ通りに動かない。そんなときはどうすればいいか?

 まず、身体のどこが硬いのかを知ることが大切です。そして、無理せずに動ける範囲で自分なりのスイングをすることがポイントです。

 ですから、自分にとっての良いスイングというのは窮屈な苦しいものであってはなりません。目指すは気持ち良い振り心地を感じるスイングの確立です。

 誰かのスイングを真似る場合でも、できるだけ自分と身体的な特徴が一致する人を参考にすることが大切ですし、レッスンを受ける場合でも、自分の身体の特徴をしっかり説明することで、自分だけに合った的確なレッスンを受けることが上達のポイントです。

 しかし、その一方で、より良いスイングを目指すのであれば、硬い部分の柔軟性を高め、全体のバランスを整えるという努力が必要です。

 柔軟性が高くなれば、イメージと身体の動きが合致して、より正確なスイングがシャープにできるようになるだけでなく、ゴルフにおけるエネルギー消費量も節約できるようになります。

関連ニュース