記事詳細

【神谷光男 スポーツ随想】暴行逮捕の宮崎大輔は“下山”に失敗した 不惑目前、「喝!」入れられても仕方ない (1/2ページ)

 登山は上りより、下山の方が難しいといわれる。登頂後の気の緩みや疲労などが出て、思わぬ遭難事故に巻き込まれることが多い。

 同じことはアスリートもいえる。頂点を目指してガムシャラに上りつめたはいいが、その後、否応なく衰えていく自分と向き合いながら、うまく降りていくのはなかなか難しい。

 スキー・ジャンプシーズンの幕開けとなった先日のNHK杯には、48歳の大ベテラン葛西紀明が登場。失速して9位に終わったが、健在ぶりを見せた。五輪には1992年アルベールビル大会以来、8回も出場。本場の欧州でも「レジェンド」として圧倒的な人気を誇っている。メンバー返り咲きへの道は厳しいが、「国内戦で頑張って(来年2月の)札幌のW杯、世界選手権を目標に…」と意気盛んだ。

 しっかりと下山道を踏みしめながら「不惑」の40代を生き抜いている感じだが、そこへいくと同じ「レジェンド」でも、ハンドボールの宮崎大輔(39)は情けない。

 今月2日未明、名古屋市内のホテルで交際女性の髪を引っ張るなどの暴行に及んだとして逮捕された。前夜、女性や宮崎の姉ら4人で会食したが、酒好きの宮崎が深酔いして口論となり、ホテルに戻ってからもいさかいが続いて、とどのつまり警察沙汰になった。

関連ニュース