記事詳細

満場一致ではないG大阪・宮本監督「続投」 アデミウソン飲酒運転でフロント板挟み (1/2ページ)

 サッカーJ1のG大阪・宮本恒靖監督(43)の来季続投が満場一致ではないようだ。

 11日はホームで神戸に1-0で快勝。これで12試合負け知らずで、フロントは「宮本続投」で一致。しかし単年か、複数年かなど契約の詳細は白紙の状態だ。原因はブラジル人助っ人で、今季6ゴールをあげてチームのトップスコアラーだったFWアデミウソン(26)が起こした酒気帯び運転にある。

 先月26日に発覚した際には宮本監督も「衝撃は大きかった」とコメント。チームが課した処分はアデミウソンに謹慎のみだったが、Jリーグ・村井満チェアマン(61)も「社会の迷惑なら存在する意味はない」と激怒した。

 怒り心頭はG大阪の親会社・パナソニックも同じ。同社は今年10月1日付でG大阪を筆頭に、ラグビーや社会人野球、バレー部などをより稼げる事業にしていくためにスポーツ推進室を新設したばかりだった。

 「年間50億円の売り上げがあるG大阪を100億円売り上げるクラブにしたい」(パナソニック関係者)。今後パナソニックの事業の柱にすべくスタートした矢先で起きた飲酒運転という不祥事だった。

関連ニュース