記事詳細

GMと兼任の楽天・石井新監督は成功できるか 指導者経験ゼロ…編成トップから転身、負の前例覆せるか (1/2ページ)

 楽天は12日、石井一久GM(47)が来季監督に就任すると発表。三木肇監督(43)は1年で退任し、2軍監督に復帰する。衝撃人事のウラと勝算は-。

 会見で石井新監督は「この仕事は“非難いっぱい、賞賛少し”。何を言われても、自分の信念を貫いていこうと思っています。ブレずにやっていくのは、覚悟を持ってやっていかないとできない」と所信表明。取締役GMと兼任の全権監督で、立花球団社長は「複数年契約で具体的年数は申し上げにくい」としたが、3年以上の長期とみられる。

 GMが監督を引き受ける急展開人事の背景をうかがわせるのが、三木前監督の退任コメントだ。「監督として自分の目指していた野球がなかなかできなかったことを心残りに思う」のくだりは何とも意味深長。これまで楽天では、三木谷オーナーや立花社長の現場介入が取り沙汰されてきた。

 今季の逆転負けは実に32回。三木前監督は敗因を「そこはいろいろあって…」と濁しがちだったが、球団関係者は「あれは石井GMからの指示ということ。三木谷さんから直接はなくなったが、GMから来るようになったようだ」と明かす。

 三木前監督は現場トップとしてファンの非難を受け、泥をかぶる仕事を押しつけられた格好だ。こうした内情は球界全体に知れ渡り、実績のある他球団の首脳陣も「あそこは好きなようにやらせてくれないんでしょ?」と監督就任に二の足を踏むほど。後任探しが難航を極めるのは当然だ。

関連ニュース