記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】成田美寿々 スイングに直結したストレッチ、プロたちはショット練習と同じくらい念入りにやる (1/2ページ)

 ゴルフではストレッチが大事だということは、耳にタコができるくらい聞いていると思いますが、皆さんはしっかりやっていますか?

 プロたちはラウンド前、それこそショット練習と同じくらい念入りにストレッチをやるものですが、アマチュアゴルファーの中にはほんの形だけという人もいるような気がします。ナイスショットを打つためにも、また、ケガの予防のためにもしっかりやるようにしたほうがいいと思います。

 そこで今回は、私が練習やラウンド前に必ずやっているちょっと変わった、しかし効果は抜群のストレッチを紹介しましょう。

 まず写真〔1〕のように片足はひざまずき、もう一方の足は立てた状態にします。そして、ひざまずいたほうの手を上に伸ばし、立てた足のほうの手は膝の上に置きます。

 次に上げた手の手のひらをほぼ真上に向け、正面を向いていた手首が後ろに向くように手をひねり(右手の場合は左回転、左手の場合は右回転)ながら体もゆっくりねじります(同〔2〕〔3〕)。

 やってみれば分かると思いますが、これをやると脇腹あたりがグッと伸びる感じがします(同〔4〕)。ゴルフは体をねじるスポーツなので、このストレッチがどれだけ大事かは皆さんも分かるはず。私自身、回数は決めていませんが、右手側を数回やって、十分にねじれる体になったと感じたら、左右の足を入れ替えて左側も念入りにねじるようにしています。

関連ニュース