記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】コースマネジメントの基本、セカンドショット編パート2 4つの距離を把握してグリーン狙え ピン周辺に大きな落とし穴が待っていることも (1/2ページ)

 グリーンセンター手前のフロントエッジから10ヤード地点を狙うのがセカンドショットの基本です。そして、次にピン位置の方向へグリーンセンターからボールを曲げることです。つまり右にピンがあるならばフェード、左ならドローに狙うのがセオリーになります。

 なぜならグリーンセンターは、花道を設計することが多く、その花道からピン方向へ曲がるように転がして寄せるのが、ガードバンカーやさまざまなハザードを回避することを可能にするからです。

 これは非常にレベルの高い話ではありますが、これができるようになれば、ゴルフがより一層楽しくなるでしょう。

 またピン位置とグリーンセンターの間を狙うというのもセカンドショットのセオリーです。

 ピンに真っすぐ狙ってピッタリと寄せたいところですが、それにはグリーンの硬さを理解して番手を選択することが前提になります。最近のゴルファーは、レーザーやGPSの距離計測器でピンまでの距離をみて、真っすぐ距離通り打つだけの人が多くいます。しかしこれは、コースを上空から俯瞰(ふかん)的に見ないため、ピン周辺のリスクを考えられず大きな落とし穴が待っていることも多々あります。

関連ニュース