記事詳細

【山本幸路 ドーパミンゴルフ】コースマネジメントの基本、セカンドショット編パート2 4つの距離を把握してグリーン狙え ピン周辺に大きな落とし穴が待っていることも (2/2ページ)

 もしスコアにこだわるなら、必ずピンとフロントエッジとグリーンセンター、バックエッジの4つの距離を最低限把握してから、何番でどの位置に打つのかを決めてください。

 そしてもう1つピン位置の傾斜です。同じスピードでボールを転がした場合、上りと下りでは4ヤードの差が出ます。上りではカップ周辺で止めることが容易でも、下りは難しいことが分かると思います。下りはアプローチでも落とす場所が狭くなるだけでなく、加速して止まらなくなる場合も多々あります。

 セカンドを打つときは、ピン位置の傾斜はどうなっているかも、把握することがセカンドのマネジメントの基本です。(モデル・野田スミレプロ、撮影協力:ZEN GOLF RANGE 葛西店)

 ■山本幸路(やまもと・こうじ) 1974年北海道生まれ。2000年にツアーデビューし、07年に関西オープンで優勝。レッスンプロとして東京都・恵比寿の「GOLF PLUS」に在籍。CS番組「ゴルフ革命」(日テレG+)に出演しているほか、雑誌でも活躍中。

 ※関連動画や美女プロゴルファーのオフショットなども配信中! 詳しくはコチラ⇒ 夕刊フジ ゴルフ公式インスタグラム

関連ニュース