記事詳細

【今日も一緒にプロレスを楽しみましょう!】ジャイアント馬場さん23回忌 思い出すスーパースターの「目くばせ」 (1/2ページ)

 「ジャイアント馬場23回忌追善興行」が2月4日、東京・後楽園ホールで開催される。

 日本中、いや世界に衝撃が走った「馬場 死去」のニュースが流れた1999年1月31日から、早くも22年になるのだ。

 メインイベントは武藤敬司(フリー)、諏訪魔(全日本プロレス)、小島聡(新日本プロレス)組vsカズ・ハヤシ(GLEAT)、河野真幸(フリー)、X組の6人タッグマッチ。大会プロデューサーの和田京平レフェリーが「明るく、楽しく、激しく。馬場さんのモットーを表現できる6人が揃った。これ以上のものはない」と、自信満々。全6試合が組まれ、日本プロレス界から多士済々が集結する。

 もとより馬場さんは、日本プロレスの父・力道山の切り開いた道をさらに広げ、日本のプロレス人気を支えたスーパースターとして誰もが知っている。209センチの長身、元巨人軍の投手という看板に運動能力…。まさに「ザ・プロレスラー」だった。

 40年前から亡くなるまで、取材者として接したが、当初は壁を感じていた。それでも、あいさつを重ねるうちに「柴田くん」と声をかけてくれるようになった。32年前の私の披露宴にも元子夫人と2人で参列してくれたが、その時のコメントが忘れられない。

関連ニュース