記事詳細

IOC責任者、東京五輪の海外観客受け入れは4月末に判断

 国際オリンピック委員会(IOC)のデュビ五輪統括部長は24日、新型コロナウイルスの影響で今夏に1年延期となった東京五輪の海外からの観客受け入れ判断について「4月の終わりが適切な時期だと思う」と述べた。理事会後の記者会見でバッハ会長が「4月か5月初めか」と見解を示したことを受けての発言。デュビ部長は国内の観客と海外からの観客を分けて「二つのステップで決定を下すかもしれない」と付け加えた。

 同会長は「五輪に懐疑的な人がいることは驚きではない」と指摘。ワクチン普及で感染率が低下すれば国民はより楽観的になるとの見方を、オンラインで理事会に初出席した大会組織委員会の橋本聖子新会長が示したと明らかにした。(共同)

関連ニュース