記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】スイング分析~斉藤和巳 下半身主導の滑らかな動きで効率良くボールに力を伝える (1/2ページ)

 斉藤和巳さんのスイングで素晴らしいと思うのは、ひと筆書きのごとく流れるような動きになっている点。スイング中、どこか一部分に急激に力が入ることもなく、全体の良いタイミングと動きの滑らかさで力を効率よくクラブに伝えてボールを飛ばしています。

 また、スイング中のグリップの握力変化と動きのバランスがマッチしていて、よどみなくヘッドスピードを加速することができています。

 投手出身ということもあって下半身主導の動きが見事です。自然な重心移動からのタイミングの取り方は超一流です。

 さらに、動きのリズムとテンポが、フルスイングからアプローチまでほぼ一定になっている点は、投手の動きですでに身についている感覚なのでしょうか。ゴルフスイングにおいても自然に備わっているような気がします。

 その一方で気になったのは、うまくボールをコントロールできていない点です。

 斉藤さんが求めているのは強い弾道のドローボール。実際、スイングでしっかりと肩を回してインサイドからドロー打ちを試みようとしています。

 しかし、その意識が強いせいか、テークバックでヒップターンが大きくなり過ぎてインサイドにクラブが入ってくる。その結果、トップでループするようにクラブのシャフトの向きがクロスする形になってしまっています。そのため、ダウンスイングではシャフトが寝てきて下からあおるような動きになります。左腰がスライドして突っかかる感じになり、それが、引っかけか右にプッシュするミスショットを招きます。

関連ニュース