記事詳細

1年3カ月ぶり生しぶこ 女子初戦は上限1000人、3月4日からダイキンオーキッド

 国内女子ゴルフツアーの今年初戦となる「ダイキンオーキッドレディス」(3月4-7日、沖縄・琉球GC)が、各日1000人に制限した有観客で開催することが25日、主催者から発表された。昨年は全試合が無観客で行われ、ギャラリーが入るのは2019年11月末以来。同年のダイキンはまだ出場資格がなかった渋野日向子(22)は、待望の沖縄初見参で1年3カ月ぶりにファンの前に姿を見せる。

 緊急事態宣言下でのイベントは上限5000人か、収容人員の50%というガイドラインもあるが、主催者側は「最終日、優勝が決まる18番ホールに全員集まることを想定すると、より安全に見ていただくには1000人が限界」と説明。感染防止対策が実施され、選手へのサインや握手、プレゼントなどの受け渡しは禁止される。

 入場料は1500円で、チケットは26日から発売。渋野が全英で優勝する前の19年でも初日に2850人、最終日には5450人が詰めかけるほど人気の大会だけに、争奪戦になりそうだ。

関連ニュース