記事詳細

山下会長、パワハラ指摘を放置「私の責任は重い」

 全日本柔道連盟(全柔連)の事務局内で、幹部職員によるパワーハラスメント行為が指摘された問題で、山下泰裕会長は26日、東京都文京区の講道館で記者会見し、すでに退職した幹部について「本人と連絡が取れず、面談する機会を得ないまま退職してしまった」と述べた。隠蔽は否定したものの、処分の有無を判断できなかったと釈明した。コンプライアンス委員会から昨年11月下旬に対応を一任されながら、約2カ月もパワハラについての判断を放置したことになる。

 パワハラを指摘されたのは、1月下旬に自己都合で退職した前事務局長であることが、関係者への取材で分かった。

 山下会長は、前事務局長による具体的な行為について「大声での叱責はあったかと思う」と認めたが、パワハラをめぐっては「コンプライアンス委員会と(前事務局長の)認識の相違があった」と述べるにとどめた。

 一連の経緯を公表しなかったことについては「理事会にかけたり、あるいは公表したりする事案じゃないと判断した」と述べた。

 山下氏は全柔連会長のほかに日本オリンピック委員会(JOC)会長など複数の役職を兼務。トップとしての職責を十分に果たせていないと指摘する声もあり、「問題そのものに気づかなかった。最高責任者の私の責任は重い」と述べ、辞任については「全ての可能性がある。私が勝手に判断できない」とし、辞任の可能性を否定しなかった。

 また、コンプライアンス委員会からハラスメント行為の疑いを指摘されたのは、前事務局長の他に2人の職員がいたことを山下会長が明らかにした。 (産経新聞)