記事詳細

JOC山下会長で大丈夫か パワハラ問題で全柔連辞任示唆 兼務に「正直、私には難しいのではないか…」 (1/2ページ)

 全日本柔道連盟(全柔連)の前事務局長が複数の職員に威圧的な言動を繰り返すなどパワーハラスメントが疑われる行為があったことが26日、関係者への取材で分かった。これを受け、山下泰裕会長(63)は東京都内で記者会見し「私の責任が非常に大きい。職責を果たせなかった」と述べた。同氏は日本オリンピック委員会(JOC)会長などとの兼務の難しさを挙げ、全柔連会長を辞任する可能性を示唆した。

 関係者によると、業務時間外での仕事の強要、部下への罵倒や威圧的な言動などがあったとされる前事務局長のパワハラ疑惑は、全柔連事務局で昨春に発生した新型コロナウイルス集団感染の原因を調べる過程で発覚。山下会長らは11月26日にコンプライアンス委員会から事実関係についての報告書の提出を受けたが、前事務局長が12月2日を最後に音信不通となり、今年1月に「自己都合」で退職したことなどから処分はしなかった。

 山下氏は2019年6月、JOC会長に就任。昨年3月には東京五輪が延期となり、国内外の関係機関との連絡、調整などの業務が激増。最近は全柔連事務局を訪れるのは月1度程度という状態で「問題そのものに気付けず、恥ずかしい」と陳謝した。中里壮也専務理事によると、会見後に開かれた定例の常務理事会では進退への言及はなかった。山下氏は東海大副学長も務めている。