記事詳細

タイガー・ウッズの単独事故、制限速度を大幅超え 中央分離帯に2回、側壁に1回接触 空中で回転も

 男子ゴルフのタイガー・ウッズ(45)が今年2月、米ロサンゼルス近郊で重傷を負った乗用車の単独事故で、ロサンゼルス郡保安官事務所は7日、ウッズが制限速度を大幅に上回る推定時速135~140キロで走行していたとの捜査結果を公表した。現場の制限速度は時速約72キロだった。

 同事務所は車両のデータから、中央分離帯にぶつかった際の速度を分析。7日に記者会見した保安官は「安全ではない速度でカーブを曲がりきれなかった」と指摘した。ブレーキをかけた形跡はなく、誤ってアクセルを踏んだ可能性があるという。

 車両は中央分離帯に2回、側壁に1回接触して道路外に飛び出し、木にぶつかって停止。その間、空中で回転したという。飲酒や薬物は認められなかった。

 ウッズは病院に搬送されて右すねや足首の手術を受け、3月半ばに退院したことをツイッターで報告。米メディアによると、現在は南部フロリダ州で療養している。

関連ニュース