記事詳細

意地でもエンゼルスは手放さない? 大谷に“巨額”再契約問題、FAで年俸相場55億円の予想 (1/2ページ)

 エンゼルスの大谷翔平(27)は1日(日本時間2日)、本拠地でのヤンキース戦に「2番・DH」で出場。メジャー屈指の右腕ゲリット・コール(30)と対戦した。2人はサイ・ヤング賞(最優秀投手)争いでもライバル同士で全米が注目の顔合わせとなった。前日31日(同1日)には初のホームスチールを決め、大谷の評価は高まるばかり。2023年オフにフリーエージェント(FA)となる大谷との契約更新はエンゼルスにとって最大の課題だが、地元紙は「エンゼルスは大谷を手放さないだろう」と伝えている。  

 大谷はコールに対して通算成績は14打数3安打と抑えられている。1打席目は、ど真ん中の直球勝負と本塁打狙いのフルスイングという豪快な対決。結果は98マイル(158キロ)の速球に空振り三振だった。

 本塁打王争いでは42本で独走し、今季のMVP(最優秀選手)確実の大谷。FAとなれば年俸の相場は5000万ドル(55億円)に跳ね上がるともいわれているだけに、エンゼルスの負担は大きくなる。大谷の契約延長はエンゼルスのファンからも心配する声が上がっている。

 しかし、地元紙オレンジカウンティーレジスター紙(8月29日付)は「FA前にエンゼルスは大型契約を成立させるだろう」と予測している。同紙は読者からの質問を受け、担当記者のジェフ・フレッチャー記者が答える形で大谷の契約について解説している。

関連ニュース