記事詳細

どうなるHR王争い 歩かされる大谷、勝負してもらえるゲレロ…プレーオフ進出に対照的なエ軍とブ軍 (1/2ページ)

 エンゼルスの大谷翔平(27)の本塁打王争いは残り19試合で激しさを増している。最近2試合でアーチがなく、ついにブルージェイズのウラジーミル・ゲレロ内野手(22)に44本塁打で並ばれた。日本選手初の本塁打王の行方は-。

 最近15試合は大谷4本、ゲレロ8本。42本で3位につけているロイヤルズのサルバドール・ペレス捕手(31)が6本。数字上は、大谷が失速気味で後続から追い上げられているというレース展開。最終盤で大谷がもう一度ペースを上げる力が残っているかが勝負を分けるといえるだろう。

 気になるのはやはりシーズンを通して投打の二刀流を続けてきた大谷の疲労だ。大谷は「目に見えて、疲労を感じるということは特にない。蓄積しているものは体の重さだったり、多少はあると思うが、やることは変わらないので一貫して最後までやり続けたい」としているが、打席では速球を捉えきれず、空振りも目立つ。

 相手投手の警戒度は高まり、思うように勝負してもらえないことから調子を上げるのが難しく、結果的に淡泊に引っ張って凡退するかたちになっている。

 マドン監督も大谷の疲労を気にしているが、「本人と話していない。トレーナーから特に報告を受けていないので深刻ではないだろう」。故障は心配だが、本塁打王だけでなく、MVP(最優秀選手)、ベーブ・ルース以来103年ぶりとなる2ケタ勝利2ケタ本塁打、サイ・ヤング賞などを懸けた大谷の戦いを見守るつもりだ。

関連ニュース