記事詳細

阪神「Gにバカにされた試合」が分岐点 選手の対抗意識に火、14年ぶり宿敵カード勝ち越し (1/2ページ)

 阪神は12日の巨人戦(東京ドーム)で序盤の得点を守り切り勝利。今まで散々好き勝手にされた宿敵相手に2007年以来、14年ぶりのカード勝ち越しを決めた。

 この日は試合前練習中に4番の大山が背中の張りを訴え、大事を取りベンチ入りから外れた。打線が全体的に湿るなかで、11試合連続安打中の主砲を欠く緊急事態。7日のDeNA戦(横浜)で左脇腹に死球を受けており今後も影響が出る可能性が考えられるが、この日は競り勝ち、巨人から優勝の可能性を奪い去った。

 監督就任以来、ことあるごとに巨人戦を意識した発言を繰り返してきた矢野燿大監督(52)は「ジャイアンツに勝ち越せたら優勝に近づく。伝統の一戦はファンも楽しみにしている」と結果が出たことに安堵(あんど)の表情。首位ヤクルトをまくって逆転優勝するには1試合も落とせない崖っぷちだが、「目の前の試合に勝つ」と一戦必勝を誓った。

 時代が変わったのか“G倒”に燃える首脳陣や阪神電鉄本社幹部の思いとは対照的に、選手たちの巨人への対抗意識は年々下がっていたのも事実。実際、ナインからは「どこが相手でも1勝は変わらない」「ファンは盛り上がるけど、現場はどこが相手でも倒すのは一緒」と冷めた反応もあった。

関連ニュース