【松村邦洋「猛虎8年ぶりV!」】野村=信長、星野=秀吉…和田監督は「ただの人」だから優勝! (1/2ページ)

2013.08.11


星野仙一さんのものまねをする松村邦洋さん。巨人を倒しての優勝を願っている (沢野貴信撮影)【拡大】

 

 【新・関西笑談】(4)ジャイアンツ破って優勝 今年はちょっと可能性ある。

 −−松村さんが、いま注目している選手は

 松村 今年はルーキーの藤浪(晋太郎)選手が話題ですし、頑張ってもらいたいですね。応対もさることながら、課題が見つかって失敗したところをちゃんと、次の日に補っている感じがしますよね。井川(慶)投手とかでも3年、4年かかりましたから。江夏(豊)さんとかの時代は別ですけど、高卒で開幕からローテーションって僕なんかが子供の時から見ていてもいないですから。貴重ですよね、19歳で。背の高さといい、リーチの長さ。手がキャッチャーまで届くんじゃないかって、動物でいえばキリンみたいなね。阪神は藤村富美男さんに始まり、藤田平、藤川球児って、だいたい「藤」がつく人は活躍してますからね。(ものまねで)「ワシも、川フジ幸三やったらな! 今頃、名球会に入っとるわ。プロで打ったヒットはイチローの1年分やけどな」と川藤さんがいうくらい。どんな年も、藤の文字が消えたことはないと思うんですよね。藤は阪神にとってラッキーな文字だと思うので、藤の集大成になってもらいたい。

 −−歴史好きでもある松村さん、和田豊監督を歴史上の偉人にたとえるなら

 松村 野村(克也)さんは、僕にとっては織田信長みたいな感じがしたんですよね。本能寺の変が、奥さんの脱税のあれかなって。その後、豊臣秀吉が備中(現岡山県)から大返ししましたよね。その備中出身の星野(仙一)さんが秀吉タイプ。最後の徳川家康が岡田(彰布)さん。僕にとっての三英傑は、阪神の監督でいえばこの3人。和田さんはねぇ、よく、厳しく選手を見ている人、隅から隅まで。

 −−和田監督は現役時代はいぶし銀の人でした

 松村 ときには非情な采配もするかもしれませんね、これから。情があっては勝てない、強いと思いますよ。2年目で何か起こすんじゃないですかね。田んぼの田がついて「ダ」と読む監督はみんな優勝していますからね。1985年の吉田義男さん。(ものまねで)「私が85年の吉田ぁ義男ですぅ」。2005年の岡田彰布さん。(吉田さんのものまねで)「岡田も田んぼのダやろぉ、そんで内野手やんか。ほんで、今年。和田豊やんか」。ね? 田んぼのダがついて内野手。だいたい優勝していますから。藤田平さんは「タ」ですから。平田勝男さん、ダじゃない。「平ダ勝男」にしてほしいですね。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!