【松村邦洋「猛虎8年ぶりV!」】タイガースへの思い「山口では反主流派だった虎党」 (1/2ページ)

【新・関西笑談】(1)父親との“アップダウンクイズ”で山口では反主流派だった虎党に

2013.08.11


熱烈な阪神ファンで知られる松村邦洋さん。好きだからまねるという(沢野貴信撮影)【拡大】

 

 ことしのプロ野球は阪神と巨人が激しく首位を争っている。猛虎復活を信じるファンの中でも、8年ぶりの優勝を誰よりも願っているのがお笑いタレントの松村邦洋さん(45)だ。熱狂的かつディープな阪神ファンとして知られ、選手やOBに広い交友関係を持つ松村さんに、得意のものまねを交えながら、裏話やタイガースへの思いを語ってもらった。(聞き手 坂井朝彦)

 −−山口県出身の松村さんが阪神ファンになったのには、お父さんの影響が強いそうですね

 松村 親がタイガースファンでした。生まれた町が田布施町っていうんですけど、おやじに聞いたら、「田淵(幸一)の『田』に掛布(雅之)の『布』だ。阪神タイガースを応援する町だ」って。どう考えても田淵さん、掛布さんより、田布施町の方が古いんですけどね。(元阪神の)遠井吾郎さんが地元だったんですよね。遠井さんのファンが多い町でした。

 −−もともとは巨人ファンだったとか

 松村 巨人ファンというわけではないんですけど、親戚(しんせき)のおじさんがジャイアンツの帽子を買ってくれたんです。「あぁ、巨人の星の星飛雄馬の帽子かぁ」なんて思ってたんですけど、おやじが「そんな帽子、かぶらない方がいい」って。(広島)カープの帽子はどうだって、赤ヘルになりたての帽子をかぶったんですけど「近づいてきたけど、まだまだ、この帽子はかぶらない方がいい」って、阪神の帽子をおやじが買ってくれました。

 −−風呂でもかなり薫陶を受けたとか

 松村 お風呂の中で阪神の問題みたいのがありました。分からないですよ…。「島倉千代子さんと結婚した阪神の一塁手は」って、今なら藤本勝巳さんって分かりますけど、分からないと何回もお湯の中に沈められて(笑い)。毎日がアップダウンクイズですよ。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!