阪神、「新・勝利の方程式」に不安? そんなAFOな… 失敗すればいじり確実

2013.12.17


来季の勝利の方程式は安藤、福原そして呉(写真)の“AFO”【拡大】

 FA補強の全敗が確定した阪神。フロント陣に対する風当たりは強まる一方だが、呉昇桓投手(31)=前韓国サムスン=の加入で盤石と思われた「新・勝利の方程式」も火種にならないか心配だ。

 15日、西武からFA宣言していた涌井秀章投手のロッテ入りが大筋で合意し、FA全選手の所属先が決まった。が、阪神は中田賢(中日からFA)の獲得に失敗、久保が横浜DeNAに流出するなどFA補強は全敗。加えて、セ・リーグ3位の防御率をマークしたスタンリッジを解雇しており、先発不足に陥っている。

 先発陣で計算できるのは能見、メッセンジャー、藤浪のわずか3人。外国人枠の問題で泣く泣くとはいえ助っ人右腕の放出には、球団の公式フェイスブックなどで『なんでスタンリッジを切ったんや』とファンから非難の投稿が殺到中。シーズン前から逆風が吹き荒れている。

 もっとも、スタンリッジを放出した理由は、呉の獲得を是が非でも成し遂げたかったから。今季は久保、安藤、福原ら抑えを固定できず、勝利の方程式も日替わりでしのぐ日々だった。勝ち星を失う場面も目立っただけに、呉の獲得で、後ろの不安は解消されたともいえそうだが、ここに危険なニオイが…。

 来季は安藤、福原、呉の新・勝利の方程式が組まれる方向。頭文字をとって、愛称は「AFO」となりそうだが「アホって読めますよね。まずくないですか?!」とチーム関係者が懸念するのだ。

 ただでさえ後手後手の補強策を展開しただけに「もしAFOのリレーが失敗すれば、いじられるのは目に見えている」(前出関係者)。『AFO』が球団批判をあおる格好のキーワードになる可能性を指摘する。

 もちろん、呉が触れ込み通りの活躍をすれば、取り越し苦労に終わるが、泣きっ面に蜂とならないことを祈るばかりだ。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!