山崎武司氏が新連載! 田中よ、ダルを見下ろしたれ 1年間ローテ守れば15勝以上は絶対する (1/3ページ)

2014.01.30


山崎氏は引退記念パーティーでマー君と熱い握手をかわした【拡大】

 中日、楽天などで活躍し、昨季限りで27年間の現役生活に別れを告げた山崎武司氏(45)が本紙の水曜週替わりコラムに新登場。紙面デビューとなる第1回は、楽天時代の後輩で、7年総額1億5500万ドルでヤンキース入りが決まった田中将大投手(25)への直言だ。今月19日、名古屋市内で開かれた山崎氏の引退記念パーティーに出席し「山崎さんから野球のいろはを教えてもらった」と明かしているマー君への、贈る言葉は。

 田中将大は僕が在籍していた楽天に、甲子園を沸かせたスーパースターとして鳴り物入りで入ってきた。2007年のことだ。正直いって、春季キャンプで見た第一印象は「こんなもんか」。すごいとは思わんかった。

 いずれ1軍に出てくる素材であることは疑わなかったが、まだ高校生。プロの打者を抑え込める球ではないと思った。

 だが、田中は1年目から先発ローテーションを守りきり11勝(7敗)を挙げた。それも素晴らしいことだが、実は僕が最初に「すごい。こいつはただもんじゃない」と心底驚かされたのは、ピッチングではない。

 あいつ、1年目はクイックモーションがめちゃくちゃ遅くてシーズン中、相手に結構走られた。それを指摘されると、2年目のキャンプ期間中にしっかり直しよった。

 口で言うのは簡単だけど、クイックを早くすれば球速は落ちるし、自分のフォームで投げさせてもらえないから制球もつかない。ところがプロ2年生が短期間で直した。そんなにすぐ直すやつは見たことがない。対応能力がすごいと思った。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!