呉グッズで韓国マネー獲得なるか 異例の超速デビュー…勝算は?

2014.01.31


呉は自主トレも人気も快走中【拡大】

 阪神の新守護神、呉昇桓(オ・スンファン)投手(31)=前サムスン=の活躍を、営業サイドが現場以上に熱視線を送っている。

 呉は29日、初めて沖縄・宜野座での合同自主トレで虎戦士とキャッチボール。相手をした9年目左腕・岩田は「(新調した)グラブの型がすぐにできるボールが来ていました」と最速157キロの“石直球”に驚きの表情を浮かべたが、時を同じくして、呉グッズが超速デビューするという。

 営業関係者は「2月1日から宜野座村野球場でTシャツとタオルを販売しますよ」。阪神では新助っ人が1年目からグッズ化されること自体が珍しく、キャンプインと同時は異例中の異例だ。

 「外国人選手は試合に出てみないと分からない部分が多い。特に、うちはシーズン途中や1年でクビになる選手も多いですし、1年目は様子見でしたね」と球団関係者もビックリだ。

 しかも、Tシャツやタオルにプリントされた名前は「日本語とハングルの両方で書かれています」(営業関係者)と日韓両にらみの秘策も盛り込まれている。

 韓国セーブ王の称号に加え、独身の呉は韓国では女性人気も高かったそうで、日本人のみならず、韓国人の購入意欲をあおりたいという意図もありそうだ。

 呉の加入によって、韓国メディアから放映権の契約申し込みが殺到。すでに大詰め段階というが、一方で同国メディアの取材は、現時点で28日に1社が訪れただけ。インタビュー取材の依頼も現状では日本メディアが大半という。さらに、新規顧客と見込んでいた韓国人ファンに至っては、キャンプ地の宜野座村関係者が「まだ韓国人からの問い合わせは1件もないですね…」と肩すかしの可能性も。

 2年総額8億5000万円という巨額マネー回収の秘策“呉グッズ”は奏功するか。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!