新井貴∨Sゴメス 阪神の大砲バトルに思わぬ弊害?

2014.02.19


ゴメスが「4番・一塁」で起用されると…【拡大】

 阪神の課題は攻撃面での得点力アップ。そのため新助っ人のマウロ・ゴメス内野手(29)=前ナショナルズ=を獲得したが、思わぬ弊害が生まれようとしている。

 沖縄・宜野座キャンプの17日。和田監督は4番候補の助っ人について「打つために来ているから、あまり負担をかけてもな」と一塁での起用を明言した。

 当初は「4番・三塁」を期待されていたが、昨季主にプレーしたブルージェイズ3Aでは大半が一塁とDHでの出場。三塁は10試合だったことから指揮官は「経験が少なすぎる」と否定した。

 ゴメスの一塁が確定したことで弾き出されるのが、昨年まで同ポジションを守ってきた新井貴だ。

 今キャンプでは右肩痛が癒え、三塁の守備練習をする機会も増えているが、和田監督は「一塁で勝負すると思っているんじゃない? そういう気持ちを見せている」とゴメスと競わせる方針。球団関係者も「新井の三塁での守備練習は基本を教え込むためでしょう。本人も三塁で勝負しようとは考えていないはず」とみている。

 昨季後半の失速を考えれば備えも必要。新井貴が一、三塁を守れれば戦力に厚みが増す。ただ、チーム本塁打数は2012年が58本、13年が82本と2年連続でリーグ最下位。総得点も12年が411点でリーグ最少。昨季も531点でリーグ5位と過去2年、得点力不足が続いている。

 ちなみに昨季の新井貴は140試合に出場し打率・267、70打点、チーム2位の15本塁打。大量点が期待できる大砲が、どちらか一方しか先発起用できないとなれば、得点力アップにも暗雲が立ちこめそう。

 セ球団スコアラーからも「一発警戒は新井、ゴメス。ただ、出れるのは一人だけでしょ。もったいないよね」と不適な笑みを浮かべる。

 このままでは長距離砲のつぶし合い。助っ人と元本塁打王の一塁バトルも痛しかゆしのようだ。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!