イチロー「日本人祭り“きしょい”」 松井臨時コーチがヤ軍キャンプ合流

2014.02.21


イチロー(右)と談笑する松井臨時コーチ(リョウ薮下撮影)【拡大】

 【タンパ(米フロリダ州)20日(日本時間21日)=片岡将】ヤンキースの全体練習が始まり、臨時コーチを務めるOBの松井秀喜氏(39)が野手組の練習に合流した。現役時代にしのぎを削ったイチロー外野手(40)と同じユニホームで汗を流し、詰めかけた日米のファンから声援を浴びた。

 松井氏は練習用のシャツとユニホームでグラウンド入り。外野守備を手伝いイチローから返球も受けた。守備練習が終わると松井氏から歩み寄り、グラブを着けた左手でイチローの胸に軽くタッチした後、握手して談笑する場面もあった。

 「(ヤンキースは)僕にとって特別なチームだし、特別なユニホーム。それはずっと変わらない。(イチローには)僕のほうが敬語を使っていました。(一緒に練習するのは)多少不思議な感じはした」と笑顔を見せた。

 イチローは「日本人祭りという感じでなかなかきしょい(気色悪い)ですね。おもろいけどね。違和感がめっちゃある。(松井氏を)コーチって呼んじゃいました。『ゴメン』もダメかな。『すいません』にしておこう」と年下の松井コーチについて語った。

 現役時代は何かと比較され、ライバル意識もあるが、立場が変わって今回は適度な距離感で向き合うことができそうだ。

 松井氏は大リーグキャンプ初体験の田中将大投手(25)ともあいさつし、「いまは慣れるとき。応援していく」とエールを送った。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。