肝いりゴメス空振りの暗雲 阪神4番候補が2月実戦「0」の一大事

2014.02.26


フードをかぶって別メニューに向かったゴメス。和田監督も頭が痛い【拡大】

 阪神の新外国人、マウロ・ゴメス内野手(29)=前ナショナルズ=が、実戦デビューを果たさないまま沖縄キャンプを終了することが24日、決定。期待の4番候補に漂い始めた暗雲に誰よりも戦々恐々としているのは、今季契約最終年の和田豊監督(51)だ。

 23日には中日とのオープン戦の出場を“ドタキャン”したゴメス。この日は別行動でウエートトレーニングのみ。「(状態は)良くなっている。(あとは)監督に聞いてください」とわずか2時間で球場を去った。

 和田監督は「下半身の張り。ひざのあたりも含めて」と説明。「ちょっとこっちでは実戦は無理やね」と明かし、実戦デビューも不透明な状況。4番候補が2月に実戦「0」は、一大事だ。

 指揮官は「大事ではない」「そんなに長くはかからない」と強調。もちろん「焦らしてもいかんから」と親心もあるが、理由は他にもある。

 ゴメス獲得には指揮官もひと役買っていた。一昨年末のドミニカ・ウインターリーグで生視察しパワーヒッターと確信。ヤンキース・黒田と対戦したビデオもチェックし「最初の2打席はスライダーで打ち取られたが、3打席目はそのスライダーを安打にした。変化球にも対応できる」とべた褒め。昨年11月の入団決定後には、テレビ番組でファンに大砲獲得をアピールした。

 とはいえ昨季に加入した福留も指揮官の肝いりだった。球団関係者は「フロントは難色を示していたようだが、和田監督たっての希望だったみたい」と明かしていた。が、昨季はひざの故障もあり63試合で打率・198。今キャンプは実戦で5打数4安打と復調の兆しをみせているが、今度はゴメス。助っ人空振りが2年連続となれば「ファンから責任を問う声も挙がるのでは」と心配する声も多い。まさに、和田阪神のアキレス腱ともいえる存在と化した。

 開幕まで約1カ月。周囲の声を黙らせる一発逆転はあるか。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!