巨人・原監督、締まらぬ守護神に怒

2014.04.02


原辰徳監督【拡大】

 “お得意さま”のDeNAに今季初戦も幸先よく競り勝った巨人。だが原辰徳監督(55)は締まらない守護神に不満だ。

 延長10回に勝ち越し、抑えの西村を送ったが、先頭打者に四球。次打者を送りバント失敗の併殺に打ち取ったが、2死から再び安打を許すと、指揮官は怒りに顔をゆがめベンチを蹴り上げた。さらに2死一、三塁とピンチを広げ、試合は辛くも逃げ切ったが「セーブがついたということで。まあ反省、修正するところが出れば」と怒りをかみ殺していた。

 今春のオープン戦で打球が西村の左胸を直撃した際も、気遣うどころか「練習を工夫する必要がある。抑えが簡単にバトンを渡してはいけない」と苦言。守護神に求めるものは高い。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!