阪神・岩崎、想定外ドラ6が救世主! 初勝利に続いてまた投壊救った

2014.04.11


勝ち星がつかなくてもチームの勝利に満足。岩崎は投壊トラの救世主となった【拡大】

 阪神のドラフト6位・岩崎(いわざき)優投手(22)=国士舘大=が9日、横浜DeNA戦(甲子園)に先発し7回6安打1失点の快投でチームの勝利に貢献。投壊が続く中、突如現れた救世主に首脳陣も大喜びだ。

 「1イニング1イニング、最少失点でいこうと思っていた。走者が出ても焦らず、打たせて取るピッチングができた」

 毎回走者を背負いながら失点は4回に浴びた4番・ブランコのソロだけ。2戦連続の白星は逃したが「自分の投げた試合でチームが勝てたことがうれしい」と笑った。

 前日8日は藤浪がまさかの炎上で逆転負け。「どうしても取りたいゲームだった。そんな中で持ち味を発揮して、細心かつ大胆なナイスピッチングだった」と和田監督。「来週もあると思う」と先発ローテ入りを確約したが、左腕の活躍は想定外だった。

 ドラフト6位で入団。が、「ドラフトで指名する人数は5人と聞いていた。だから6位を指名したときはビックリした」と球団関係者。昨季は計算できる左腕が先発、リリーフともに加藤1人だったことから指名となったようだが「岩崎は即戦力というより、1年間は2軍でじっくり育てようとなっていた。本人にも伝えられていたみたい」(前出関係者)という。

 ところが、1軍投手陣が炎上続きで、2軍で結果を残す岩崎に白羽の矢が立った。2日の中日戦(京セラドーム)では5回無失点で初登板初勝利の大仕事。「本当にこんなに早くくるとは思ってなかった」と驚きの表情を浮かべていた。

 想定外の悩みもある。チーム防御率6・63と12球団中ワーストの中で岩崎は防御率0・75。“広告塔”藤浪も2戦連続で炎上中とあって、新人の岩崎に取材が一極集中。「あまりの取材攻勢に、本人はすでに頭がいっぱいいっぱい」と球団関係者も困惑気味だ。

 人気球団ゆえの宿命を背負いつつ、救世主から先発の柱へ。ルーキー左腕の快進撃に注目だ。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!