Gマシソン、最悪の幕切れ 顔真っ赤にし「F●●K!!」

2014.07.24


12回、サヨナラ本塁打を放つ福留孝介。投手・マシソン=甲子園球場(撮影・鳥越瑞絵)【拡大】

 「F●●K!!」

 最悪の幕切れを迎えた巨人のベンチ裏で、失意の守護神は放送禁止用語を絶叫した。延長12回2死、152キロの速球を福留に打ち返され、右翼ポール直撃のサヨナラアーチを被弾。スコット・マシソン投手(30)は顔面から首筋まで紅潮させたまま、終始無言を貫きバスに乗り込んだ。

 川口投手総合コーチは「全力でやっているわけだから。相手が上だっただけ」とかばったが、これで3敗目。早くも昨季の黒星の数を上回ってしまった。防御率3.89はとても抑えの数字とはいえない。特に気になるのが被本塁打数の急増だ。

 昨季までの2年間はわずか3本。ところが今季はすでに6本目に達した。球団関係者からは「やっぱり今年の球は飛びすぎなんじゃないか?」と反発係数を怪しむ声も聞かれるが…。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。