引退した元阪神・坪井が吐露した米独立リーグの過酷さ 月給20万円以下、宿泊先がない日も…

2014.08.19


坪井は引退会見で苦しかった米国での生活を振り返った【拡大】

 かつて阪神、日本ハム、オリックスに所属し“イチロー似”の振り子打法で活躍した坪井智哉外野手(40)が18日、神戸市内のホテルで現役引退の記者会見を行った。

 日本で通算14年間プレー、プロ1、2年目に連続シーズン打率3割をマークするなど巧打者として活躍。2011年限りでオリックスを退団後、最近3年間は米独立リーグを渡り歩いた。今季は“メジャーに最も近い”レベルといわれるアトランティック・リーグのランカスター・バーンストーマーズに所属した。

 「1打席でもメジャーに立ちたい気持ちでやってきたけど、今季は独立リーグでもなかなか試合に出る機会がなく、自分に限界を感じた」と引退の理由を語る一方、「できるなら10年、20年、30年野球を続けたい。今でも野球は大好き」と未練ものぞかせた。

 日本ハム時代の04年には自己最高年俸1億1000万円(推定)に達したが、米国では辛酸をなめた。独立リーグの契約条件は月給20万円以下がほとんど。今年6月末には出場選手登録を抹消される屈辱も味わった。

 球団の手違いで泊まる場所がなく、チームメートのホームステイ先に転がりこんだこともあった。「ネクストバッターズサークルで『今日、どこに泊まるんだろう』という感覚。ホームステイ先では(飼い犬の)コリー犬と寝床を争ったり…」と苦笑を浮かべた。

 現ヤンキースのイチローとは同い年で、毎年オフに合同自主トレを行うほど仲がいい。7月末にはニューヨークのイチロー邸を訪ねた。「3、4時間ずっとしゃべってました。相談ではなく引退の報告というか、意志を伝えにいきました。野球人生の中で、一番影響を受けた人物ですし、尊敬している。イチローは独立リーグの環境の悪さとか、びっくりしていました」と明かす。

 今後のことは「全くの白紙」というが、日米を股にかけた特異な経験が生かされるときは、必ず来るはずだ。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。