トラ「鳥谷効果」 ファンも残留営業ホクホク 「米移籍なら女性客離れで一大事だった」

2015.01.15


鳥谷敬内野手【拡大】

 メジャー移籍を断念し残留を表明した阪神・鳥谷敬内野手(33)。攻守の要である主将が残ったことで、チームは落ちついて2月のキャンプインを迎えられることになりナインたちは喜んでいるが、誰よりもホクホク顔なのは、多くの熱狂的な鳥谷ファンの“残留”が実現した営業サイドだ。

 今オフの阪神は、FA戦線で歴史的大敗を喫した。日本ハム・宮西、中日・山井、オリックス・金子の獲得を狙ったがいずれも残留。ロッテからFA宣言した成瀬はヤクルトに、米アスレチックスからFAとなった中島に至っては「阪神有利」と報道されながら、ふたを開ければ、同じ関西のオリックスに奪われた。

 失敗続きでチームの戦力補強だけでなく、新規のファン獲得にも「上積み」できなかったことは、大きな痛手だ。

 「FA選手の場合、ある程度固定のファンがついており、選手がチームを移るごとに、そのチームに移ることが多い。ファンクラブや年間指定席など営業面でも(FA選手の獲得は)重要なポイントです。正直、今オフはFA戦線が失敗続きだったので(営業的に)上乗せができずにいました」(球団関係者)

 さらに関係者の頭を悩ませたのが鳥谷の去就だったが、年はまたいだものの残留。最終的には事実上の“生涯虎戦士”というベストな形に収まった。「彼はチームの顔でもあるし、とにかく女性ファンが多いんですよ。もしメジャー移籍となっていれば、一大事になっていたと思います」とホッとする関係者は多い。

 現在、球団ではファンクラブの新規会員募集を一時的に中断しているが、2月下旬から再開予定。そのため鳥谷の残留効果の詳細は不明だが「間違いなく“追い風”は吹いている」(同)。12球団屈指の熱烈ファンという巨大戦力の流出を、見事に阻止した鳥谷の功績は大きい。 (山戸英州)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。