田中将、完全復活! OP戦初登板は完璧「ほっとしたというのが正直なところ」

2015.03.13


完璧な投球をみせた田中(共同)【拡大】

 ヤンキースの田中将大投手(26)は12日(日本時間13日)、フロリダ州タンパでブレーブスとのオープン戦に今季初登板し、2回を打者6人でパーフェクトに抑えた。手術を回避した右肘靱帯部分断裂の影響が懸念されたが、19球、2奪三振の完璧な内容。球威、制球ともに安定し、スプリッターの切れも申し分なし。完全復活を印象づけた。

 本人よりも周囲が固唾をのんで見守ったオープン戦初登板。田中は落ち着き払った様子でマウンドに上がり、最高のスタートを切った。

 1回、先頭のシモンズを外角低めによく制球された速球とスライダーで簡単に追い込むと3球で遊ゴロ。2番カヤスポは2球で二ゴロ。球宴2度出場の強打者、3番フリーマンは低めのスライダーで見逃し三振に打ち取った。

 最速は94マイル(151キロ)。やや抑えながらの投球だったが、スライダー、スプリッターの仕上がりも上々で、TV中継の解説者は「シャープだ」と絶賛した。

 2回も危なげなかった。4番ゴームズは真ん中から大きく落ちるスプリッターで空振り三振。後続も遊ゴロ、三ゴロに退けた。ストライクが先行し、甘い球は1球もなかった。

 35球程度を予定していたが、2回を投げ終えた田中にジラルディ監督が歩み寄り、話し合ったあと降板。ブレーブスのゴンザレス監督が1回裏に球審のボールの判定に抗議して、わずか1球で退場となるハプニングがあったが、田中は全く気に懸ける様子もなかった。

 田中は「少ない球数で抑えることができたので言うことはない。一発目で緊張はもちろんした。今年もいよいよ始まっていくなという感じ。無事に終われたので、ほっとしたというのが正直なところ」と穏やかな表情。

 試合前のニューヨーク・メディアの関心は田中の肘に集中した。レンジーズのダルビッシュ有投手(28)にも右肘靱帯の部分断裂が見つかったばかりで、「これは田中に対する警告でもある」と伝えたメディアもあった。

 しかし、キャッシュマンGMは「田中が今後10年健康でいるのかどうかコントロールできないことだ。事態が悪化したら最善の措置をとるだけだ」。

 とりあえず首脳陣は胸をなで下ろしたというところだろう。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。