イチローはキューバでも神のような存在? 米地元紙は“レジェンドぶり”にびっくり

2015.03.16


二盗に失敗したイチロー(共同)【拡大】

 マーリンズのイチロー外野手(41)は15日(日本時間16日)、フロリダ州ジュピターでのタイガースとのオープン戦に7番DHで先発。3打数1安打だった。左飛、二ゴロのあとの6回1死走者なしで中前打を放ったが、二盗に失敗した。

 「タイミングはセーフだったが、(ベースを)踏めなかった。手前で止まってしまった。(今季からシューズを変えており)どうなるかを見たかった」。試合はマーリンズが4−2で勝った。

 連日、日本人記者がフォローするレジェンドぶりに地元紙パームビーチ・ポストもビックリ。「イチローの加入でチーム史上かつてないざわめきが起きている。過去のどのマーリンズの選手より注目を浴びている」と報じた。

 マーリンズを担当している米国人記者が数人しかいないのに、今季は日本人記者10人が記者証を申請したという。

 「親しい日本人記者2人としか話をせず、私生活を秘密にし、英語はわかるが正確を期すため必ず通訳を通す」とも伝えている。同僚でキューバ出身のホセ・フェルナンデス投手は「彼はキューバでも神のような存在。クールだ」とコメントしている。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。