日本ハム・大谷の正妻見つけた 石川亮OP戦初勝利に貢献

2015.03.17


この日は5打数無安打に終わった大谷だが石川亮の台頭は頼もしいかぎりだ【拡大】

 日本ハムは15日、西武とのオープン戦(西武プリンスドーム)で7−3と勝利、10試合目でようやく初白星を挙げた。原動力となったのは先発・メンドーサの好投を引き出したスタメンマスクの2年目、石川亮捕手(19)だ。

 先発右腕は7回1安打無四球で1失点(自責0)。88球とシーズンなら完投ペース。だが申し分ない内容を差し置いて「リードが素晴らしかった。ほとんど首を振っていない。出してほしいサインを一発で出してくれたからね」と、この日マスクを被った石川亮に感謝の弁をおくった。

 「本当に頭のいい捕手だ。今日も綿密な打ち合わせをしたわけじゃない。春季キャンプで一度組んだだけだが、そのときの感覚を覚えてくれているんだ」

 そう、お褒めの言葉をいただいた19歳は、実に謙虚。「リードに関しては僕の特徴を出してはいけないと考えています。ある投手にとって投げやすい捕手って、他の人には投げにくいということにつながる。もっとリードのバリエーションを増やさないと」

 それでも、バットも3打数2安打と大当たり。栗山監督は「大きなアピールをしてくれている」と目を細めて絶賛するが、ワケがある。開幕まで2週間を切った状況で司令塔が不在なのだ。

 正捕手の大野は右肘の故障で守備に就けない状況。パワフルな打撃が売りの近藤は送球難に苦しんでいる。昨季2番手に定着した市川は昨年末に椎間板ヘルニアの手術を受け2軍調整中。27日の楽天との開幕戦(札幌ドーム)のスタメン捕手が決まらない危機的状況で、指揮官には19歳のイケメンが救世主に写っているようだ。

 また、大野は今季中にも国内FA権を取得し去就は微妙だ。栗山監督が「(石川亮は)将来軸になれる選手」と見込むだけに、今季のエース・大谷の女房役に最も近い男といえる。 (片岡将)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。